落ち着いて行動する

慌てずに確認することが大切

寒い日にはお湯を使う機会が多くなりますが、こんな時に給湯器が故障したらお湯が使えなくなりとても不便です。給湯器を使用する際に起こるトラブルの例を参考にして、慌てないように対処しましょう。トラブルで多いのが、お湯と水どちらも出ない、お湯が出ない、温度の調節が出来ない等です。お湯と水が出ない、お湯が出ない時の対処に関しては、水栓(蛇口)が複数ある場合は水栓金具、排水管に原因があると考えられます。全ての水栓に同じようなトラブルが発生している場合は給湯器の故障を疑いましょう。温度の調節が出来ない時の対応としては、全ての水栓で調節が出来ない場合は給湯器の故障、複数蛇口がある場合はやはり水栓金具等の修理が必要と考えられます。浴槽の循環アダプターのフィルターの汚れや異物が詰まったことにより追い炊きが出来なくなる場合もあります。異物を取り除いたり、フィルターを掃除したりすることで解決します。以上のトラブルに関しては、電源を落とすか、リセットすることで再起動する場合もあります。ガス栓と水栓が全開になっているか、エラーコードの確認も大切です。

給湯器の交換時期とは

次に多いトラブルとして、煙が出る、臭いがする、通常時とは異なる音がする等があります。給湯器から黒煙が出ている場合は不完全燃焼を起こしています。給湯器を使うと酸っぱい臭いがしたり、排気口に顔を近づけると目がチカチカしたりする場合も故障ですから使用しないで下さい。どちらの場合も急いで修理業者に連絡しましょう。給湯器が点火する時、異常音の後に小さな爆発音が続く、ガス臭い場合は不完全燃焼を起こしている可能性があります。早急に業者に相談して下さい。新しい給湯器を設置したのに臭いがする場合は、機械油の燃焼によるものなので異常ではありません。給湯器の交換時期は10年程度と言われています。劣化した給湯器から作動音とは異なる音がする、内部からの水漏れや臭いがある場合は修理や交換の時期と考え、早めに対処することが必要です。